美容整形で理想の小顔をゲット【ビューティーチェンジアップ】

小さい顔になるための方法

診察

メイクで顔を小さく見せる

小顔になりたいという願望は多くの女性にあるものです。顔が小さいことで、可愛いらしく見える効果と、体全体のバランスがスマートなります。顔を小さく見せる小顔テクニックには様々なものがあります。まずは、メイクで顔を小さく見せる方法を解説します。人の目には顔の大きさは二つの点で決まります。一つ目は顔の輪郭です。二つ目は顔の肌の面積です。メイクではこの二つ目の面積をコントロールします。ヘアメイクでは、前髪を下します。これでおでこの面積を小さくします。次に前髪の両端は伸ばして下に下げておきます。これによって、頬の両側の面積を隠すことができます。次に肌のメイクです。見えている頬の部分で、一番外側のメイクは他の部位よりも暗めのものが効果的です。これで、頬が少し小さくなったように見える効果があります。

骨の形を少しだけ変える

小顔になるための最も効果がある方法は整形です。これは、顔の大きさを物理的に小さくする整形手術です。例えば、頬や顎の骨の外側の部分を少しだけ削ります。この手術によって、顔の全体的な輪郭が小さくなります。これと同時に、前に出ている前歯のでっぱりを削ることで、横から見たときの小顔効果を演出することもできます。他には下の歯の奥歯やそれに近い部位の歯を抜くという手術もあります。これは美容整形のクリニックではできませんが、歯科クリニックでは場合によっては可能です。これによって、抜いた歯の空いたスペースを埋めるように、顎の骨が徐々に縮まっていきます。整形手術は高価な費用がかかるので、事前によく確認してから受けることが大切です。